リフォームで快適生活を手に入れよう!

住み慣れた住まいも、長年のうちには設備や内装などのあちこちに劣化や傷みが生じたり、故障が多くなったりするものです。
人の身体も健康診断やケアが必要なように、住まいも適切なメンテナンスやリフォームを行うことで健康寿命が延び、快適に暮らし続けることができるようになります。
特に水廻りの設備が集中するトイレや浴室、キッチンは、家族のライフスタイルや毎日の使い勝手をよく考え、予算に見合うプランを検討することが重要です。
初めてのリフォームは、分からないことだらけで不安なものですが、多くの実例をもとにしたポイントを学んでおくだけでも、失敗を防ぐことができます。
住宅設備の中でも特に水廻り設備は、最新機器に交換するだけでもその便利さと快適さに目を見張るはずです。
住まう人の安心と快適さを追求したリフォームは、家族の新しい幸せのカタチを創り出します。

トイレリフォームについてのコラム

リビングやキッチンのリフォームに流行り廃りがあるように、トイレにも流行があります。しかし、流行に乗ればすべてが上手くいくとも言えないのがトイレリフォームの難しいところです。
 

・・・つづきはこちら

タンク式トイレとタンクレス式トイレはそれぞれにメリット・デメリットが存在します。タンクレス式トイレは場所を取らず掃除も楽ですが水圧の関係から設置場所を選びます。

・・・つづきはこちら

トイレの寒さは健康を阻害する要素の一つです。狭くて暗いという特性から転倒の恐れもあるでしょう。トイレの空間を健康的にリフォームすることで、使いやすく、安全なトイレにしましょう。
 

・・・つづきはこちら

ウォシュレットは掃除がしにくいイメージがある人もいるでしょう。しかし、実は簡単に取り外せて隅々まで掃除ができる仕組みになっているため、仕方を学べばそれほど難しくはありません。
 

・・・つづきはこちら

トイレリフォームの費用相場は、内容によって違います。最新式便器なら10~20万円に工事費用がプラスされます。和式から洋式への交換は床や内装工事も必要なので50万円以上が相場です。
 

・・・つづきはこちら

トイレの床材は手入れしやすく洗剤に強い素材を選びましょう。木質系素材はアンモニアや洗剤で劣化するので不向きです。一般的なクッションフロアや、高級感ある大型タイルなどがあります。
 

・・・つづきはこちら

キッチンリフォームについてのコラム

キッチンリフォームに風水を取り入れるのなら東や東南、西北に設置するということがポイントとなります。また、業者を選ぶときには少しでもこちらの意見を聞いてくれるところを選びましょう。
 

・・・つづきはこちら

キッチンリフォームでは身長に合わせてカウンターの高さを選ぶことが健康への負担を減らすことになります。実際にショールームでカウンターの前に立ってチェックすることも大切です。
 

・・・つづきはこちら

キッチンリフォームは家族構成によって最適なプランが変わってくることがポイントです。現状だけではなく将来的なことも考えなくてはなりません。収納の広さや数についても検討してください。
 

・・・つづきはこちら

キッチンリフォームでは動線をしっかり意識したレイアウトにしなくてはなりません。台所で作業する人はもちろん、そこにやってくる人のことも考えて冷蔵庫の配置なども考えることです。
 

・・・つづきはこちら

キッチンリフォームではスペースを広く使えるような工夫をする必要があります。アイランドタイプや対面タイプの台所だと家族とのコミュニケーションもとれますし開放感もあるためおススメです。
 

・・・つづきはこちら

対面キッチンにはアイランドタイプやペニンシュラタイプなどのタイプが存在します。タイプや会社のそれぞれに特徴があり、リフォーム時には先々のことも考えたプランニングをしましょう。
 

・・・つづきはこちら

キッチンには調味料、キッチン家電、鍋やフライパンなどモノがいっぱい集まります。収納ポイントをしっかりおさえ、収納しなければ作業しずらくなりますし、キッチンも汚く見えてしまいます。
 

・・・つづきはこちら

キッチンのリフォームを考えているのであれば、食洗機の導入をおすすめします。時間短縮、節水など様々なメリットがある食洗機の導入をキッチンリフォームの際に考えてみてください。

・・・つづきはこちら

キッチンのレイアウトにより、使いやすさは変わります。キッチン内での動線を考え、スムーズに動くことができ、効率よく作業ができるかを考えてレイアウトすることが大切なポイントとなります。

・・・つづきはこちら

キッチンのリフォームをする際に、パントリーにも少し工夫を加えるだけで便利さが増します。パントリーの場所やサイズ、通気性、収納する物の置き方など、使い方にも気をつけましょう。

・・・つづきはこちら

海外の定番であるイートインキッチンとは、食事をすることができるおしゃれなキッチンです。調理、食事を同じスペースでできるため準備や後片付けがしやすくなるメリットがあります。

・・・つづきはこちら

アイランドキッチンは、独立して設置されていることから、大変動きやすいです。複数人で一緒に料理をする場合もぶつかりにくいという点や、配膳や後片付けなども手軽に行うことができます。

・・・つづきはこちら

機能性やデザイン性を考えて床材を選びます。キッチンでは頻繁に水がこぼれたり油が飛んだりするため、汚れにくくお手入れがしやすいというのは、重要な選択ポイントとなります。

・・・つづきはこちら

キッチンで調理や下ごしらえをする作業台を天板あるいはワークトップといいます。多く利用されているのは、ステンレスと人工大理石でしょう。それぞれの特徴と選び方のポイントをご紹介します。

・・・つづきはこちら

対面キッチンのリフォーム方法には、複数ありますが、その中で人気の高いのがアイランド型とペニンシュラ型です。ペニシュラ型は、左右のどちらかが壁に接しているタイプのキッチンです。

・・・つづきはこちら

キッチンのカウンターは使いやすさだけでなく、おしゃれなものも増えています。キッチンのリフォームを考えている人は迷うでしょう。テーマを決め、カウンターを選んでみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

壁紙や壁の色をすべてリフォームするとなると、リフォーム費用がかなりかかるためアクセントウォールを取り入れましょう。一部の壁を変えるだけでキッチンやリビング全体の雰囲気が変わります。

・・・つづきはこちら

最近ではキッチンのリフォーム時に、換気扇よりも掃除が簡単で、煙やにおいも効率的に排出することができるなど、多様な機能を持つレンジフードに交換する家庭も増えています。

・・・つづきはこちら

キッチンのリフォームを考える際に、コンロのタイプをどうするか迷う方も多いでしょう。IHコンロはフラットデザインがおしゃれで、何より掃除のしやすさがとても魅力です。

・・・つづきはこちら

最近ではカフェ風のキッチンにリフォームするという人も増えていますが、ガスコンロやIHクッキングヒーターにするかによって雰囲気も違ってくるため選ぶのも重要なポイントのひとつです。

・・・つづきはこちら

使い方やお手入れの度合いなどにより差はあるものの、キッチンの耐用年数は一般的に15年から20年と言われています。不具合が生じているならまさにリフォームのタイミングです。

 

・・・つづきはこちら

東大阪にはオープンキッチンにリフォームする優良企業が多くあります。リフォームするメリットは、家族と会話しながら調理が可能なこと、狭いスペースでも広く開放的になることが挙げられます。

・・・つづきはこちら

東大阪市でフォームを行うと、内容により補助金や助成金を受け取ることができます。キッチンもバリアフリー対応にすると対象になります。メーカや素材別に予算を考えます。

・・・つづきはこちら

料理が苦手だと感じている理由は様々で、キッチンの構造上、料理がしづらく、苦手と感じている人も非常に多いです。キッチンリフォームをすることで、料理がしやすくなるでしょう。

・・・つづきはこちら

自宅で料理教室を開きたいと思った場合、キッチンリフォームをして、料理がしやすいキッチンにしましょう。初心者でも作業が行いやすいような広めのスペースを設けておくことも大切です。

・・・つづきはこちら