トイレリフォーム、あなたはどっち派?~タンク式 or タンクレス式~

タンク式とタンクレス式の違い

タンク式とタンクレス式の違い

トイレリフォームにおいて、タンクの有無は見た目や使い勝手に大きな影響を与えます。
タンク式は従来型とも呼ばれ、便器の後ろ、たいていは壁側に付ける形でタンクを備えつけます。
タンク式トイレの仕組みは、タンクにあらかじめ溜めておいた水を一気に放出するときの水量・水圧を利用して流すものです。
一方、タンクレス式トイレは、文字通りタンクがないタイプのトイレです。
タンクレス式トイレは、タンクの中に水を溜めることなく、給水栓から直接水を出して流します。
現在はタンクレス式トイレがもてはやされていますが、両者ともメリット・デメリットが存在するので、どちらが良いかは人によって違います。
東大阪市のヤマケイでは、状況を見た上でどちらのタイプが適切かを相談することもできます。

タンク式とタンクレス式のメリット・デメリット

タンク式とタンクレス式のメリット・デメリット

最近人気のタンクレス式のメリット・デメリットからご紹介しましょう。
タンクレス式のメリットは、タンクがない分掃除が楽で、トイレのスペースが広く使えるという点です。
タンク式ではタンクに水を溜める時間が必要なので連続使用ができませんが、タンクレス式なら続けて流すことが可能です。
さらに節水効果やデザイン性が高い点もメリットでしょう。
最大のメリットは、トイレ空間に少し余裕があれば手洗い器を別途設置するので、加齢に伴う操作性の向上や空間演出のバリエーションが広がることです。
タンクレス式のデメリットとしては、機器のみの交換の場合に種類が限られ、価格が若干高くなります。
また、停電時には通常の使用とは異なる操作方法のため、あらかじめ頭にインプットしておく必要があります。
最大のデメリットは、水圧が低いマンションなどの集合住宅では使えない可能性がある点です。
このように、タンクレス式トイレにはまだ改良の余地があります。
一方、タンク式のデメリットは、タンクレストイレのメリットの裏返しです。
タンク部分があることで掃除がしにくく、場所を取り、タンクに水が溜まるまでは流すことができません。
しかしその分、集合住宅でも安心して使えて、非常時でも水で流すことができ、比較的安価です。
タンクレス式と比べて水の使用量は若干多くなりますが、タンク式トイレも現在は節水性能が大幅に向上しています。
タンク式、タンクレス式がそれぞれに一長一短であるため、決めかねる部分もあるでしょう。
大阪でのトイレリフォームは、両者のデメリットをきちんとアドバイスできるリフォーム業者に任せたいものです。