健康・長寿にも影響するトイレのリフォーム

健康なトイレとは?

健康なトイレとは?

一日に何度か使用するトイレは、自身の健康を知る場所でもあります。
その一方で、トイレ自体が自身の健康を害している可能性があることをご存知でしょうか?
トイレは家の中でも端のほうに位置し、冬の時期は暖房が届きにくい場所です。
また、狭くて暗いという特性から転倒の恐れもあるでしょう。
これらの懸念は人に悪影響を与えるものであり、クリアしておきたいトイレの課題です。
トイレという空間そのものを健康的にリフォームすることで、使いやすく、安全なトイレになることでしょう。

健康なトイレにリフォームするポイント

健康なトイレにリフォームするポイント

トイレの寒さは健康を阻害する要素の一つです。
ヒートショックが起こる場所としてお風呂場がよく取り上げられていますが、トイレは朝起きてすぐに入る人も多く、寝具の中と家の端のトイレとでは大きな気温差が生じてしまうことから温度差を無くしたほうが体に良いとされています。
さらに、トイレではいきむこともありますが、いきむという行為は血圧や心拍数を急上昇させ、心筋梗塞や脳卒中などの重大な病気を引き起こす原因にもなりかねません。
健康なトイレにリフォームする際は、暖かい空気を外に出さない工夫や暖房便座の導入も検討すべきでしょう。
ただし、温水便座などの機能性の高い便座は電化製品のため、低温やけどや感電、発火などの危険も伴います。
特に感電や発火は掃除をおろそかにすることで起きる可能性が上がるため、掃除やメンテナンスがしやすいようにリフォームすることも忘れてはなりません。
そして、転倒や立ちくらみの予防も健康なトイレに重要な要素です。
トイレの電気は明るすぎると落ち着かないという人もいるかもしれませんが、安全面を考えれば十分な明るさは必要です。
また、トイレ内で倒れたときのためにドアは手前に引くタイプにするか引き戸にリフォームすると良いでしょう。
段差をなくせば敷居で転倒するリスクも防げます。
大阪でトイレをリフォームする際は、そこに住まう人の健康も考えられるリフォーム業者・ヤマケイにご相談ください。