トイレリフォームでは床材にもこだわろう

過酷な環境にあるトイレの床材

過酷な環境にあるトイレの床材

トイレリフォームは、大阪でも要望の多いリフォームです。
特にトイレリフォームは床材の選択が難しく、どの床材を選ぶかで快適度や手入れのしやすさが大きく異なります。
トイレの床は、尿が飛び散る苛酷な環境下にあります。
特にフローリングや木質系の材料は、もともと水気に弱いので、アンモニアやトイレ用洗剤が付着すると、すぐに表面の劣化や腐食の原因になってしまいます。
リビングなど部屋の床材に合わせて同じ材質の木質フロアにしたところ、リフォームから1年以内で点状の黒いシミが発生し、床材の張り替えを行うはめになったというケースもあります。
トイレの床は、トイレマットなどのアイテムでカバーしたり、まめに掃除をしていても時間の経過とともに黒ずみなどの汚れがつきやすくなるので、トイレの床材に天然木質は避けるべきでしょう。
トイレの床にも木の質感がほしいときは、木片を樹脂で固めたウッドプラスチックボードがおすすめです。
これは木材の質感とトイレの床に必要な耐久性、防水性を併せ持つ素材で、廊下やリビングとの連続性を重視したい場合などにも使えます。

手頃なクッションフロア、高級感あるタイル

手頃なクッションフロア、高級感あるタイル

トイレの床材の中で最も普及しているのが、機能的で経済性に優れている塩ビ製のクッションフロアです。
クッションフロアは水やアンモニアに強く、水拭き掃除も簡単にできるのでお手入れが簡単にできます。
また、表面が汚れてきたり劣化が目立つようになった、張り替えるのも簡単です。
色柄が豊富に揃っているので、インテリアのこだわりに合わせて選べるのも利点と言えます。
最近は、アンモニアや洗剤に強い特殊な化粧シート仕上げのサニタリー専用フローリング材も人気です。
天然の木質調を演出したいときや、高級感や美しさを重視するときにおすすめの床材です。
また、トイレの床材として最近人気が高まっているのが、大判のセラミックタイルです。
硬質な高級感があり、掃除がしやすいので清潔感が保ちやすいのが大きな特長ですが、耐薬品性に優れているので洗剤成分に強いこともメリットになっています。
大きなタイルほど目地が少ないので、掃除がラクなだけでなく、黒ずみなどの心配がないのでストレスがありません。
タイルはクッションフロアよりは高額になりますが、耐久性を考えれば長い目で見てお得と言えます。