キッチンは作業動線を考えてリフォームを

効率よく家事ができるキッチン

効率よく家事ができるキッチン

キッチンリフォームでは作業動線を考えてレイアウトを決める必要があります。
キッチンにおける作業動線が悪いと使い勝手も悪くなってしまいますし、快適で効率よい家事を行うことは難しいでしょう。
そのため、キッチンリフォームを考えるのならこの作業動線という部分を重視してレイアウトをプランニングする必要があるのです。
動線の組み立て方として、コンロとシンク、冷蔵庫を結ぶ三角形、いわゆるキッチントライアングルの辺の合計が510センチだと快適な作業が可能となります。
動線とは要するにそこで作業する人が動くラインということになります。
台所作業では冷蔵庫から食材を取ってシンクの近くで食材の下ごしらえをして、コンロで調理するという流れになることが多いですし、順番はどうあれこうした動線上で作業をこなしていくことになるでしょう。
ラインが離れすぎていると作業効率が著しく悪くなってしまうこともありますから、注意が必要です。

冷蔵庫の配置にも注意する

冷蔵庫の配置にも注意する

キッチンリフォームでは作業動線を考えることが大切ですが、冷蔵庫を配置する場所にも注意が必要となります。
台所作業でもっとも重要なのは作業の流れですし、できることなら冷蔵庫とシンク、調理台は近いほうが作業はしやすくなるでしょう。
また、台所の入り口付近か奥に配置するかを迷ってしまいがちですが、セオリーとしてはキッチン入り口付近がベストです。
冷蔵庫を台所の奥に配置してしまうと家族の誰かが冷蔵庫に何かを取りにきたときに台所の中を通ることになりますし、お母さんが忙しく作業しているときだとどうしても邪魔になってしまいます。
台所で作業している人の動線とそこにやってくる人の動線ができるだけ重ならないようにするのも大きなポイントと言えるでしょう。
また、冷蔵庫のドアが開く方向にも注意しなくてはなりませんし、ドアが開く方向に壁や棚がないかなどもチェックしてください。