キッチンリフォームでは快適なレイアウトにこだわろう

使いにくいキッチンはレイアウトが問題

使いにくいキッチンはレイアウトが問題

キッチンは使いやすさが最も大切だと思います。
キッチンのレイアウトによって、使いやすさは変わります。
使いづらいキッチンだな・・・と思っている方は、キッチンのリフォームの際に、レイアウトにこだわってみてください。
今回、キッチンが使いやすくなるレイアウトについてご紹介します。

使いやすいキッチンレイアウトのポイント

使いやすいキッチンレイアウトのポイント

使いやすいキッチンレイアウトの基本についてまずは、ご紹介します。
基本は、調理の流れの通りに配置します。
食材を冷蔵庫から取り出し、洗って、切って、加熱するのが一般的な作業の流れになると思いますので、右利きの方は、冷蔵庫、シンク、調理台、コンロを配置するレイアウトにします。
左利きの方は、左回りになるようにしてください。
このように、キッチン内での動線を考え、スムーズに動くことができ、効率よく作業ができるかを考えてレイアウトすることが大切なポイントとなります。
いまのキッチンが使いづらいと感じている方は、動線がぐちゃぐちゃになっていませんか?
動きやすいレイアウトにしてください。
また、動きやすくするためには、キッチンと通路幅を考えなければいけません。
通常、キッチンに立つ人は1人だと思います。
1人の場合は90㎝ほどのスペースが必要です。
2人の場合は120㎝ほどの幅を確保しましょう。
また、キッチンの高さは「身長÷2+5㎝」を目安にしましょう。
キッチンのリフォームを考える際には、収納、キッチン家電の位置、シンクの広さ、など個別に考えてはいけません。
しっかりと、キッチン内の動線を考えたレイアウトが重要なポイントです。
また、全体のバランスも取りましょう。
よく迷ってしまうのは食器棚と冷蔵庫の配置ですが、キッチンの形と冷蔵庫の配置でバランスが取れる位置に食器棚を置くようにしましょう。
キッチンのリフォームは、気に食わないときに毎回変更できるわけではありませんので、失敗しないようにしっかりとレイアウトを考える必要があります。