キッチンリフォームで加えたいパントリーのメリット

リフォームでキッチンをもっと便利に

リフォームでキッチンをもっと便利に

キッチンのリフォームをする際に、高さやシンクの交換、レイアウトを使いやすく変更することはよくありますが、その他にも検討してほしいのがパントリーの設置です。
キッチンのパントリーは、缶詰など常温保存が可能な食品や調味料のストックなどを保管するスペースのことをいいます。
キッチンにパントリーがあると収納力と便利さが増し、作業性が向上するので調理時間が短縮できるなどメリットがたくさんあります。
また、使用していない調理道具や雑貨類も収納できるので、シンク回りがすっきり片付きます。
一人暮らしの人は使用するアイテムが少なかったり、大量のストックが不要な場合も多いので、大きなパントリーはあまり必要がありませんが、家族が多い家庭や、まとめ買いをよくする人にとっては、パントリーは非常に便利な設備と言えるでしょう。

使いやすいパントリーのポイント

使いやすいパントリーのポイント

便利なパントリーも、リフォームの仕方によっては使いにくくなったり、害虫が発生して不衛生になることがあります。
湿気やニオイがこもってカビが発生してしまうこともあるので、パントリーの場所やサイズ、通気性などについてはきちんと考えておくことが大切です。
保管するものの使用頻度や、キッチンからの動線も意識しましょう。
奥行きが深すぎる棚は、奥に入れたものが取り出しにくくなったり、中で散らかりやすくなるのが難点ですが、小さく仕切ったり、引き出しを入れて整理すると使い勝手が良くなります。
パントリーではいつも同じものを保管するとは限らないので、棚板の高さを自由に調節できるようにしたり、耐荷重まで考えてリフォームしましょう。
十分なスペースがないけれど、どうしてもパントリーを作りたいという場合もあります。
その場合は、棚式ではなく引き出し式にすると出し入れが簡単です。
また、どんなに使いやすく工夫されたパントリーも、収納の仕方次第では使いにくくなります。
使用頻度を考慮して収納する順番を決めたり、無理矢理に詰め込まないなど、使い方のルールを守るようにしましょう。