大阪市城東区、鶴見区周辺でキッチンリフォームする際に選びたい床材と特徴

キッチンに適した床材の種類

キッチンに適した床材の種類

木質のフローリングは、無垢材と複合フローリングという2種類があります。
無垢材というのは、丸太から切り出した木材のことです。
木の温かいぬくもりを感じることができますが、天然素材のためこまめなお手入れが必要です。
複合フローリングは、基材の表面に化粧材を張り合わせたもので、お手入れがしやすく、化粧材のバリエーションも多いことからデザイン性にも優れています。
クッションフロアは、塩化ビニールを用いたロールシート状の床材で、木目調や幾何学模様・大理石などの柄や色が豊富です。
お手入れがしやすく、裏にクッション材があるため、適度な弾力があるのが特徴的です。
タイルは、色やデザインも多く、耐久性・耐水性が高い床材です。
目地の汚れが気になるのでこまめなお手入れが必要になり、冬は冷えるという難点はあります。
しかし、デザイン重視の方に人気があります。
プラスチックタイルは、塩化ビニール樹脂などをタイル状に加工した床材です。
柄や色の種類も豊富で、タイルほど冷たくはありません。
耐久性・耐水性に優れ、ビニール製のためお手入れが楽に行うことができます。
タイル状や、フローリング状になっているコルク素材です。
滑りにくく、適度なクッション性があり、断熱性・耐水性に優れているという特徴があります。

機能性・デザイン性を考えて床材を選ぼう

機能性・デザイン性を考えて床材を選ぼう

機能性重視の方のチェックポイントは、キッチンでは頻繁に水がこぼれたり油が飛んだりするため、汚れにくくお手入れがしやすいというのは、重要な選択ポイントとなります。
また、季節による気温差も考えましょう。
タイルなどは寒いので、床暖房がない環境では避けた方がいいですね。
床暖房も入れたいと考えている場合には、対応している素材を選ぶと良いでしょう。
デザイン重視の方のチェックポイントは、柄や色などのバリエーションが多い素材を選ぶと、家全体の雰囲気に合わせたり、洋風カフェのようにおしゃれな空間を演出することできたりすることが可能となります。
対面式キッチンなどで、ダイニングやリビングとつながる間取りの場合は注意も必要です。
さまざまな事例や材質の説明を知ることで、自分の家にあった床材を選ぶことができるでしょう。
大阪でリフォームを検討中の方は、お気軽にご相談ください。