大阪市城東区、鶴見区周辺でキッチンリフォームするなら天板はステンレス?人工大理石?

ステンレス天板の特徴

ステンレス天板の特徴

大阪エリアでも、ステンレスは昔から天板の主流として利用されてきました。
錆びにくく耐熱、耐水、耐久に優れているため、天板の主流となっている素材です。
汚れに強く、お手入れもしやすい上に、医療器具に使われるほどの素材のため衛生的です。
シンク部分もステンレスのため、一体型にすればシンクと天板のつなぎ目に汚れなどが付着することもありません。
欠点としては傷がつきやすいこと、使っていくうちに光沢がなくなってしまう場合もあります。
最近では、エンボス加工やバイブレーション加工を施して、問題点を改良した商品があります。
キッチンの利用頻度が多い方などデザインよりも機能性重視の方におすすめです。

人工大理石天板の特徴

人工大理石天板の特徴

人口大理石は、アクリル系樹脂やポリエステル系樹脂を主成分とした人口素材です。
アクリル系の方が汚れ落ちもよく、強度もあるといわれています。
ステンレスに比べて、耐熱性は低いため注意が必要です。
メーカーによって違いはありますが、一般的にアクリル系の人工大理石の天板では、熱い鍋を直接置くようなことは避けるようにします。
また、液体のシミが残ってしまうこともあるため、こぼしたまま放置しないようにしましょう。
どうしても、機能性という面で比べるとステンレスに軍配があがります。
しかし、デザイン性という面で見た場合は、人工大理石の方が好まれることが多いでしょう。
色や柄などのバリエーションは多く、ダイニングとの調和を合わせやすく、おしゃれなインテリアのように魅せることもできます。
デザイン性重視で選ぶ方にとっては、人工大理石の天板がおすすめといえます。
似ているものに人造大理石がありますが、これは天然の大理石を粉砕して固めた素材のため、人工大理石とは別のものになります。
多くのメーカーは、人工大理石を採用していますが、人造大理石を採用しているメーカーもあります。
大阪でキッチンリフォームを検討中の方は、ご家庭にあった天板を選択してみてください。
ぜひご相談くださいませ。