東大阪のキッチンリフォームでよく聞くペニンシュラ型って?

ペニンシュラキッチンとは?

ペニンシュラキッチンとは?

大阪でキッチンリフォームを検討している方なら、一度はペニンシュラ型という言葉を聞いたことはないでしょうか。
対面キッチンのリフォーム方法には、複数ありますが、その中で人気の高いのがアイランド型とペニンシュラ型で、アイランド型は、島というように四方が壁などに接することなく、独立して設置するタイプのキッチンです。
それに対してペニンシュラ型は、左右のどちらかが壁に接しているタイプのキッチンです。
アイランドが島なのに対し、ペニンシュラは半島という意味のため、こう呼ばれています。
対面キッチンと聞くと、料理教室や家庭科室などのイメージからアイランド型の方を思い浮かべる方が多いでしょう。
ペニンシュラ型は、アイランド型のデメリット部分を解消できる強みがあります。

ペニンシュラキッチンが選ばれる理由

ペニンシュラキッチンが選ばれる理由

ペニンシュラキッチンがアイランドキッチンと比較して使われやすいというのは、間取りの問題があるためです。
片側を壁に接することで、アイランド型ほど広さを必要としないで設置ができます。
部屋のスペースを有効活用できるキッチンなのです。
そのため、アイランドキッチンを希望していたものの、広さの都合で厳しくて断念という方でもペニンシュラキッチンなら選べる場合もあります。
他にも、ペニンシュラキッチンだからこそのメリットから選ぶ方も多いです。
ペニンシュラ型は収納場所も確保しやすく、冷蔵庫が近い位置に配置しやすいことから作業効率があがります。
コンロのすぐ横が壁になることで油汚れ対策もしやすく、よりお手入れがしやすくなるといえます。
子どもの様子を見ながら料理ができる、コミュニケーションもとりやすくなるなどのアイランド型の良い面も兼ね備えています。
大阪でキッチンリフォームを検討されている方で、アイランドキッチン・ペニンシュラキッチンのどちらでも設置可能な環境で迷っているなら、インテリアのようなデザイン性で選ぶのか機能性で選ぶのかをまず考えましょう。