東大阪のキッチンリフォームでレンジフードを導入する

換気扇にはない多様な機能で交換する家庭も増加中

換気扇にはない多様な機能で交換する家庭も増加中

近ではキッチンをリフォームする際に、単に空気を排出するだけの換気扇から、多様な機能を持つレンジフードに交換する家庭も増えています。
レンジフードは換気扇よりも煙やにおいを効率的に排出することができます。
また、ファンの手前にはフィルターがセットされており、ファンに油などの汚れがつきにくく、掃除もフィルターを洗うだけと換気扇よりも簡単です。
他にも、換気しかできない換気扇と違って、給気も行うことができるので、気密性の高い住まいでも酸欠を抑制することができるなどのメリットもあります。

取り換えを検討している場合はタイプや機能性だけでなく、維持費などコスト面を十分把握しておくことも大切

取り換えを検討している場合はタイプや機能性だけでなく、維持費などコスト面を十分把握しておくことも大切

レンジフードには、シロッコファンとプロペラファンの大きく分けて2種類のタイプがあります。
シロッコファンというタイプのものは、天井や壁の中に配置したダクトを通じて排気や給気するもので、換気扇とは違って壁から離れた場所にでも取り付けることができます。
しかし、キッチンリフォームの際にはダクトの配管工事も必要となるため、工事自体の規模も大きくなってしまう場合もあり、キッチンリフォームで換気扇からシロッコファンタイプのフードに交換する場合は注意も必要です。
それに対して、プロペラファンというタイプものはフード内部にプロペラがあり、換気扇を進化させたような造りとなっています。
排気や給気性能はシロッコファンタイプのものよりも劣ってしまいますが、壁付けタイプであるため設置工事は比較的簡単に行うことができます。
しかし、シロッコファンタイプのものもプロペラファンタイプのものも、フィルターで防御はされているもののフード内のファンも長期間使用すればやはり少しずつ汚れてきてしまいます。
さらに、換気扇と違い内部が複雑になっているため、汚れを掃除するために、お手入れも素人には難しいという欠点もあります。
そのため、フード内を掃除する場合は専門の業者などに依頼しなければならないなどのデメリットとなる部分もあり、交換しようと検討している場合は注意も必要です。
このように、換気扇から取り換える場合はフードのタイプや機能性だけでなく、維持費などコスト面などについても十分に把握しておくことも大切です。
レンジフードには、シロッコファンとプロペラファンの大きく分けて2種類のタイプがあります。
シロッコファンというタイプのものは、天井や壁の中に配置したダクトを通じて排気や給気するもので、換気扇とは違って壁から離れた場所にでも取り付けることができます。
しかし、キッチンリフォームの際にはダクトの配管工事も必要となるため、工事自体の規模も大きくなってしまう場合もあり、キッチンリフォームで換気扇からシロッコファンタイプのフードに交換する場合は注意も必要です。
それに対して、プロペラファンというタイプものはフード内部にプロペラがあり、換気扇を進化させたような造りとなっています。
排気や給気性能はシロッコファンタイプのものよりも劣ってしまいますが、壁付けタイプであるため設置工事は比較的簡単に行うことができます。
しかし、シロッコファンタイプのものもプロペラファンタイプのものも、フィルターで防御はされているもののフード内のファンも長期間使用すればやはり少しずつ汚れてきてしまいます。
さらに、換気扇と違い内部が複雑になっているため、汚れを掃除するために、お手入れも素人には難しいという欠点もあります。
そのため、フード内を掃除する場合は専門の業者などに依頼しなければならないなどのデメリットとなる部分もあり、交換しようと検討している場合は注意も必要です。
このように、換気扇から取り換える場合はフードのタイプや機能性だけでなく、維持費などコスト面などについても十分に把握しておくことも大切です。