大阪市城東区、鶴見区周辺で家族が集まるオープンキッチンにリフォーム

家族が集まる大事な場所へと変化しています

家族が集まる大事な場所へと変化しています

以前の台所は北側に面して区切られた場所で調理をする部屋というイメージで、家族が集まる部屋からは離れ、背を向けて作業をしていました。
現代の家に多く取り入れられているオープンキッチンとはその名の通り、壁などに仕切られることなく、家族が集まるダイニングやリビングと繋がっている場所を指しています。
ですから、料理をしながらでも家族の顔を見ながら会話を楽しめて、コミュニケーションを取る場所として大変有効的です。
また、小さいお子さんがいるとなかなか目が離せず家事がはかどりにくいですが、お子さんを見ながら調理が可能です。
壁などの仕切りがないので狭いスペースでも広々とした開放的な空間を演出できるなど、多くのメリットがあります。
大阪市城東区周辺にはリフォームする優良企業が多くあるので、家族との時間を大切にしたい方は企業を訪ねてみるのも良いです

種類と違いを説明します

種類と違いを説明します

オープンキッチンにはいくつかの種類がありますが、まず代名詞と言われる位イメージされるのは「アイランド型」になります。
アイランド型とは壁と接しておらず部屋の中で島(アイランド)のようになっていることから由来しています。
どこの壁とも接していないので周りをくるくると回ることが出来。料理をテーブルに運ぶときなど最短距離で移動が出来るので作業効率が上がるメリットがあります。
様々な方向から使用できるので家族と料理する時もスペースが広く活用出来ます。
また種類が多くあり中でもオシャレな物が豊富に揃っています。
次に左右どちらかが壁に付いている物を「ペニンシュラ型」と言います。
ペニンシュラ型では間取りの制約が少ないので、実際に採用している人が多い形となります。
コンロ横に壁があることで油などの汚れに強く換気も十分なので、作業スペースが広いアイランド型の良さとペニンシュラ型ならではの良さを両方持ち合わせた形となります。
代表的な2つを紹介しましたが、実際にリフォームする際はどこに作るのかが重要になります。
キッチンから眺める景色を何にしたいのか、何をこだわるのかが大切なポイントです。