大阪市城東区、鶴見区周辺で安全性を考えたキッチンリフォーム

子どもにとっても安全なキッチンにリフォームしよう

子どもにとっても安全なキッチンにリフォームしよう

大阪市城東区、鶴見区周辺でキッチンリフォームを検討している人は、安全性も考慮しなければなりません。
特に、子どものいる家庭では子ども目線で考える必要があります。
キッチンを使用する機会が多いのは大人ですが、大人が快適に使用できても子どもにとっては安全で快適というわけではありません。
大人と子どもでは身長も異なり、危険を認識する認知力や、判断力も異なるのです。
そのため、大阪市でキッチンリフォームをする際は、子ども目線で考えて安全なキッチンにしましょう。
子どもがいない家庭も、将来のことを考えて子どもにとって安全なキッチンにリフォームをしてみてはいかがでしょうか。
大阪市でも人気がある安全性が考慮されたキッチンの一つに、ユニバーサルデザインがあります。
子どもだけではなく、高齢者や身体が不自由な人でも使いやすいキッチンです。
ユニバーサルデザインのキッチンについて知っておきましょう。

子どもの目線で考える

子どもの目線で考える

ユニバーサルデザインは、視線を下げて、視野や体格、力の差によって生じる危険性を除いたキッチンです。
例えば、大人にとっては気にならない段差も、小さな子どもは大きな段差になります。
また、大人の視線で普通に見えているものが、背の低い子どもには見えないことがあり、死角が原因で怪我をすることがあるのです。
キッチンにおける障害となる部分はどこなのか、子どもの目線まで下げて設計しましょう。
特に、水周りに興味を示す子どもは多いです。
水周りは大人がよく使用する部分であるため、子どもたちも興味津々になります。
水と火を使うキッチンは、危険が多い場所です。
給湯設備も危険な場合があります。
レバーを上下させるだけで水やお湯がでる水栓では、子どもが誤って熱湯を浴びることがないように、専用のストッパーを使用しましょう。
専用ストッパーをすると使用しにくいと感じる場合は、使用しないときは給湯スイッチを必ず切っておくことで安全性を確保します。
子どもが食事のお手伝いをすることが多い場合は、安全性を確保した上でお手伝いを通じて、注意しなければならないことや、正しい使い方を学ばせましょう。