大阪市城東区、鶴見区周辺のキッチンリフォームで選ぶサイズ

キッチンリフォームで失敗しないサイズ選び

キッチンリフォームで失敗しないサイズ選び

大阪市城東区、鶴見区周辺でキッチンリフォームを検討している人の中には、キッチンのデザインにこだわりたいという人も多いのではないでしょうか。
おしゃれなデザインにしたい、部屋の雰囲気に合ったキッチンにしたい、使いやすさを重視したいなど、人それぞれ求めるものは異なりますが、サイズ選びもとても重要です。
これから大阪市城東区、鶴見区周辺でキッチンリフォームをする人は、失敗しないサイズ選びの方法を知っておきましょう。
使いやすいキッチンのワークトップのサイズは、一般的に「慎重÷2+5cm」です。
目安となりますが、高すぎても低すぎても作業がしにくいため、実物を見て調理するイメージをすることをおすすめします。

ウォールキャビネットとスペースのサイズ

ウォールキャビネットとスペースのサイズ

ウォールキャビネットの高さにもこだわりたいものです。
使いやすいウォールキャビネットのサイズは、145cmほど離れたときに自然と目に入って、手が届きやすい高さだと言われています。
身長によってウォールキャビネットの高さは異なるため、ワークトップと同様に実物を見てイメージしてから決めましょう。
収納力を求めるのであれば、高さ90cm前後、見た目や費用を重視するのであれば50cm前後のショートサイズがおすすめです。
調理がしやすいスペースを確保することも重要になります。
まずは、現在使用しているキッチンの幅を確認してみてください。
確認する際は、キッチンの間口であるシンク側を測ります。
間口は調理のしやすさに大きく関係しており、間口のサイズが大きければ、材料や調理器具が置ける量が増えるでしょう。
しかし、シンクとコンロまでの距離ができてしまい、冷蔵庫などの電化製品を置くスペースが減るため、注意してください。
間口が広ければ良いというわけではなく、移動距離やスペースを考慮して適したサイズを選ぶことが重要です。
ワークトップやウォールキャビネット、スペースのサイズを決めたあとに、対面型やI型、L型など、キッチンのレイアウトを決めます。
大阪市城東区や鶴見区周辺でキッチンリフォームをする前に、キッチンのサイズをしっかりイメージして決めることが大切です。